MENU

パン屋のバイトが怖い口コミ3選!きついの?覚えること多く慣れるまで大変との声も

※読者はパン屋のバイトを検討している学生を想定しています。

目次
スポンサーリンク

パン屋のバイトとは

パンブームはまだまだ続いており、女性にとどまらず男性にもパン好きが増えました。

そんな大人気のパン屋で、バイトをするのが憧れの人もいるでしょう。

そこで、パン屋のバイトについてまとめました。

パン屋の仕事業務は、製造・品出し・レジ・掃除洗浄です。

バイトなので、製造は補助をする形になります。

品出しは出来上がったパンを売り場に出して、補充する役目です。

レジも並行して行い、最後にトングやトレー、製造に使用した器具などの洗浄もします。

パン屋の時給は、850~950円で平均より低く、製造スタッフの方が時給が高いことが多いです。

社割制度を取り入れている企業は多く、お店によって3割~5割安く購入することが出来ます。

お気に入りのパン屋で新しいパンなど、いろんなパンを安く食べられるので嬉しい特典ですね。

店舗によっては、売れ残りのパンや形が崩れたパンなどは無料でもらえることがあります。

スポンサーリンク

パン屋のバイトが「怖い」との声はなぜ?

パン屋のバイトが怖いという声がありましたのでまとめました。

1.覚える事が多くミスできないため

2.立ち仕事で重いものも運ぶため

3.急いでいるお客さんの対応があるため

パン屋のバイトが怖い理由1:覚える事が多くミスできないため

まず1つ目は、覚える事が多いという事です。

どこのバイト先でも始めは覚える事が多く、大変でしょう。

パンは、商品にバーコードなど付いていないため全て覚えてレジ打ちしなくてはなりません。

パンの名前と値段を正確に打ち込まないといけないため、覚えていないと仕事になりませんし、ミスも許されません。

お客さんによっては、パンの特徴や材料を聞いてくる場合もあります。

いろんなことに対応できるように、パンの全てを知り尽くしておくとスムーズですね。

徐々に覚えていくようになりますが、スピードも加わるので慣れるまでは厳しいでしょう。

毎月新作が出ているお店は、その都度覚えなくてはなりません。

たくさんあって嫌になりますが、その新作パンを誰よりも早く食べらるので嬉しいですね。

スポンサーリンク

パン屋のバイトが怖い理由2:立ち仕事で重いものも運ぶため

2つ目は、立ち仕事という事です。

レジ作業や、パンの補充、お客さんの対応と仕事中は座ることができません。

製造の補助では、重いものを持ったりオーブンの出し入れもあるので、とにかく熱いです。

肉体労働なので、体力が削られるという辛い部分があります。

飲食業で働きたい場合、立ち仕事は当たり前。

基本的に、肉体労働だと覚悟を持ってください。

パン屋は、オーブンの熱があるので火傷は必至で、他と比べると熱い環境下で働く事になります。

コロナ感染の対策で個包装が当たり前になっており、次々に焼きあがるパンの包装と陳列など、スムーズにこなすスピードが大事です。

体力に自身がないと少し難しいでしょう。

パン屋のバイトが怖い理由3:急いでいるお客さんの対応があるため

最後に、接客業で求められるお客さんの対応能力です。

理不尽なクレームを言ってくる人は、パン屋でも存在するので、こちらに非はなくても謝罪することもあります。

パン屋は朝早くから開店しているため、仕事前にフラっと立ち寄ってそのまま仕事に行く人が多いです。

駅中や街中など、場所によったら勤務前の人で混み合うことも考えられます。

昼食でも、パンを求めて休み時間に来店する人が多いです。

手軽に食べられて、色んな新作も登場しているので人気も高まっているパン屋は、朝と昼が一番忙しいでしょう。

忙しい時間帯は、スピーディに対応しないとお客さんを待たせることになります。

レジに行列ができると、並んでいるお客さんもイライラし始めるため、精神的にも辛いです。

特に急いでいると思われる、出勤前や休憩時間はかなりハード。

中には、お客さんに文句を言われたという声もあるので、怖い思いをするかもしれませんね。

始めからピーク時をさばくことは無理でも、いずれ1人でレジ業務をこなす必要があります。

研修期間にしっかり慣れておくとスムーズでしょう。

スポンサーリンク

パン屋のバイトを辞めたい時はどうすればいい?

パン屋のバイトを辞めたい場合、早めに店長やオーナーに伝えましょう。

遅くても1カ月以上前が望ましいです。

店舗によってシフトの出るタイミングが違うと思いますので、シフトが出る前には必ず伝えます。

卒業や就職のタイミングなら辞めやすいですが、それ以外の理由ならしっかり理由述べる事がマナー。

「ほかにやりたい事ができた」「自分には向いていないと思った」など正直に言って問題ありません。

お店側も代わりを見つけなくてはいけないので、急に申し出るのはダメです。

「覚える事が多い」や「立ち仕事」というのは、どこのバイト先でも似た経験をするので、辛抱することも大事。

人間関係やキャパオーバーな仕事量など、どうしても辞めたいという決意をしてから、次へ進みましょう。

スポンサーリンク

パン屋のバイトの良い口コミ

パン屋の良い口コミをまとめました。

・焼きたてのパンの匂いに包まれて最高

・残ったパンを無料でもらえた

・閉店が早いため、朝方の私にはピッタリだった

口コミで多かったのは、焼き立てのパンの香りに包まれて最高という声です。

パン好きにとって、幸せな気分になれて「手作りってやっぱいいな」という気持ちになります。

慣れてしまえば難しい作業はないため、パンの香りに包まれながら楽しく仕事ができるそうです。

店舗によりますが、残ったパンを無料でもらえることが最大のメリットでしょう。

定休日の前の日は、売れ残りもらえたという声や、毎日何十個もあったという嬉しい悲鳴もありました。

毎日パンを食べたい人には嬉しいですね。

パン屋は、朝が早いですが閉店も早いので、夜遅くまでシフト入りすることはありません。

朝方の人には合っているバイトで、早くても6時出勤で苦痛にならないという声がありました。

夜は、ゆっくりしたいという人にはピッタリですね。

パン屋のバイトで落ちてしまう人の特徴

パン屋の面接で落ちてしまう人の特徴をまとめました。

落ちる人の特徴は、不潔感と元気のなさ、勤務時間があげられます。

パン屋は、飲食業ですので清潔感が一番です。

面接の際は、大袈裟なくらい身だしなみには気を使いましょう。

レジや販売の仕事になると、接客能力も必要になります。

声がハキハキしているか、笑顔で人当たりがよさそうかなど、見た目以外にも受け答えの様子も大事です。

緊張もしますが「言葉ははっきり」「笑顔を忘れない」ことだけでも心がけましょう。

バイトを始めるきっかけが「生活費のため」「ただ家が近いから」など簡単だと落とされてしまいます。

パンが好きということや、やってみたいということを付け加えるといいです。

また、お店側が募集している時間帯に働けるかが重要。

募集している時間帯を確認し、早朝や夕方の時間でも働けることをアピールしましょう。

パン屋は早朝出勤なので、朝が苦手な人には向いていません。

学生の間だけ働きたいとしても、「卒業したら辞めます」という発言は控えてください。

お店側もずっと働いてくれる人の方がいいので、始めから辞めるタイミングが分かっている人は入れません。

将来パン屋で働きたいため、その下積みとして働きたいという人は例外です。

パン屋のバイトはどんな人に向いている?

パン屋のバイトは、パンが好きで人と話すことが好きな人に向いています。

朝早くから仕込みや開店準備をしますので、早起きが得意な朝方な人にもおすすめ。

朝からバイトをして安くパンを購入して、学校に出勤する人も多くいます。

1人暮らしの人には、経済的に助かるバイトですね。

体力や接客能力も自然と身に付くので、始めは苦手でもパン好きなら継続できるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自称怖いもの知らずのロッキー。
怖いと噂されるさまざまなものを調査します。

目次