MENU

ケーキ屋のバイトが怖い理由3選!きついの?辞めたい時の流れや落ちてしまう人の特徴

今回はケーキ屋さんのバイトについての噂や評判を調査しました。

目次
スポンサーリンク

ケーキ屋のバイトとは

ケーキ屋のバイトは、主に製造・販売に分かれます。

小さい頃に一度は「可愛いケーキ屋さんで働きたい」と憧れたのではないでしょうか。

ケーキ屋さんで働きたいのであれば、それなりの資格が必要な場合があります。

そのため、バイトで募集しているのは販売スタッフや製造補助がほとんどでしょう。

イートインスペースがある場合、ホールも担当することになります。

甘い香りに包まれた店内で働けるので魅力ですよね。

時給は、1,000円超えたらいい方でしょう。

あまり高いという印象ではありませんが、イベントや繁忙期に時給アップしている店舗もあるようです。

ケーキ屋で働くことで、接客の能力が身に付きますし、ラッピングの仕方やケーキのデコレーションも間近で体験できるメリットがあります。

また、廃棄するケーキをもらえる店舗がほとんどです。

新作の試作や売れ残りなど、ケーキを食べ続ける事ができるのが魅力でしょう。

スポンサーリンク

ケーキ屋のバイトが「怖い」との声はなぜ?

ケーキ屋のバイトが怖いという声があるのでまとめました。

1.ケーキ以外にも覚える事が多いため

2.扱いに慣れないと崩れるため

3.肉体労働が多く体力勝負ため

ケーキ屋のバイトが怖い理由1:ケーキ以外にも覚える事が多いため

まず1つ目は、覚える事が多いためです。

ケーキ屋で働く以上、ケーキには詳しくなければなりません。

お客さんに聞かれたことは、スムーズに受け答えが出来ないと、不信感を抱かれてしまいます。

そして、ケーキ屋さんにはケーキ以外の焼き菓子や贈答品、アイスなどもあって覚える事は多いです。

しかし、覚える事が多いのはどこのバイト先も始めは同じです。

名前だけでなく、値段や特徴、味や材料も覚える必要があります。

アレルギー表記されているのがほとんどですが、お客さんの中には細かく聞いてくる人もいます。

アレルギーのミスは絶対にあってはいけませんので、しっかり覚えましょう。

商品の購入の際に、ショーケースごしに「コレ」と指差しで言われることもあるため、場所の把握もしておくとスムーズです。

一度にたくさんは無理でも、覚えがあまりにも遅いと注意されます。

スポンサーリンク

ケーキ屋のバイトが怖い理由2:扱いに慣れないと崩れるため

2つ目は、ケーキの取り扱いが怖いという声です。

ふわふわで柔らかいケーキは、見た目を崩すわけにはいきません。

丁寧な扱いが大事で、尚且つスピードも求められるので慣れるまで時間がかかるでしょう。

箱に入れるまでは、とても神経を使う仕事です。

もしミスをしてしまえば注意されるだけでなく、お客さんにも迷惑になります。

慎重・丁寧に箱に入れた後は、梱包をしなくてはなりません。

ホールケーキならまだいいですが、カットケーキは隙間があるとお客さんが持ち帰るまでに倒れてしまいます。

隙間をパズルのように上手に埋めて、箱にフタをして商品を渡すまで崩さないように集中力も大事です。

お客さんに渡すときだけでなく、出来上がったケーキをショーケースに並べる作業も丁寧さが大事です。

お客さんが見て「キレイ」「宝石みたい」と思ってもらえるようにコーディネートセンスも問われます。

神経を使いますが、お客さんの「美味しそう」という声がやりがいです。

ケーキ屋のバイトが怖い理由3:肉体労働が多く体力勝負ため

最後に、可愛いケーキ屋という見た目に反して体力勝負という事です。

基本的には立ち仕事なので、休憩時間以外は座れません。

ケーキの製造では、重いものを持ったり、混ぜ合わせたり、焼きあがったケーキをオーブンから出し入れするもの一苦労です。

接客業務でも、ショーケースから慎重にケーキを出し入れをするので、しゃがんだり立ったりの繰り返しになります。

イートインスペースがあれば、配膳や片付けも同時に行っていくため、動き回っている状態です。

また、イベント期間は休めません。

クリスマス・バレンタインデー・ひな祭り・大型連休などは、お客さんが殺到するためバイトも総出で働きます。

イベント数日前から仕込みで忙しくなるため、ピリピリしたムードは怖いですが、耐えなければなりませんね。

スポンサーリンク

ケーキ屋のバイトを辞めたい時はどうすればいい?

ケーキ屋のバイトを辞めたい場合は、早めに店長に伝えておきましょう。

遅くても1カ月以上前が望ましいです。

店舗によってシフトのタイミングがあるかと思いますが、シフトが出されてから辞めるのはマナー違反。

卒業や就職のタイミングなら、比較的辞めやすいでしょう。

他にやりたい事ができたという理由や、自分には向いていなかったという理由でも構いません。

辞めたい理由を明白にし、お世話になったお礼もきちんと伝えるといいですね。

しかし、イベント前や繁忙期と重なってしまった場合、すぐには辞められないこともあります。

ケーキ屋側も代わりを見つけなくてはいけませんので、タイミングを見てお店の人と相談しましょう。

スポンサーリンク

ケーキ屋のバイトの良い口コミ

ケーキ屋のバイトのいい口コミをまとめました。

・新作のケーキはいち早く食べられるし、社割で安く購入できた。廃棄ケーキは持ち帰れるのがよかった

・お祝い事に携われるのでことが楽しかった

・ケーキのデコレーションやラッピング、接客などの身に付く

ケーキ屋でバイトすると、新作情報がいち早く入ります。

そのため試食も誰よりも早くできるため、ケーキ好きには嬉しいですね。

店舗によって、廃棄ケーキを持ち帰れたり安くケーキも購入できるため、太ったという悲鳴もありました。

ケーキを食べる日は、何か記念日の場合が多いですよね。

ケーキ屋のケーキを頼むくらいですので、特別の日を楽しみにしているお客さんが多く来店します。

その商品を提供するということに携われることで、こちらも幸せな気持ちになりますし、やりがいがある仕事です。

商品は絶対に間違えてはいけないため気を遣いますが、お客さんの笑顔を見られるのでよかったという声もありました。

最後に、ケーキ作りの補助をすることで、ある程度基礎が身に付くというメリットがあります。

デコレーションや特注ケーキなどの製造にも関われるため、いろんな知識や経験を積むことが出来ます。

ラッピングや梱包も大事なお仕事です。

お客さんが幸せな気持ちになるように丁寧に可愛く仕上げたことで、手先も器用になったという声がありました。

そして、接客で自然と正しい日本語が使えるようになります。

接客で身に付く対応力は、将来必ず役に立ちますよ。

ケーキ屋のバイトで落ちてしまう人の特徴

ケーキ屋のバイトの面接で落ちてしまう人の特徴をまとめました。

ケーキ屋は飲食店なので、清潔感が大事です。

見た目が派手では、可愛いケーキ屋にふさわしくないため落ちてしまう可能性は高いでしょう。

面接の時は、身だしなみに気を使い、姿勢も正すとより好印象です。

接客業もあるため、声のトーンや明るさも見られています。

接客は第一印象が大事なため、面接時の始めの印象は特に大事。

そして、勤務できる時間が募集している時間帯でなければ、必要のない人員となります。

オープニングスタッフの募集は人気が高く、応募者も多くいるので勝ち抜くためには大袈裟なくらいアピールしましょう。

可愛いケーキ屋って、見た目は単純作業で華やかに見えますが、実際は肉体労働で覚えることも専門的なことなので難易度は高いです。

将来パティシェなら有望ですが、ただのお小遣い稼ぎや甘いものが好きではない人は面接で落ちる可能性があります。

やりたいことをしっかりアピールすることと、笑顔を忘れず面接を受けましょう。

ケーキ屋のバイトはどんな人に向いている?

ケーキ屋のバイトは、ケーキが好きで接客もしてみたいという人がおすすめです。

イベントや繁忙期だけの短期間バイトを募集しているところもあるので、少しだけケーキ屋で働いてみたいというチャレンジ可能。

将来、製菓の仕事に携わりたいという人は、ラッピングやデコレーション、ケーキ製造を間近で体験できるので早めに習得することが出来ますね。

また、安く購入できることで家族・友達にもお祝いで買ってあげる事ができるので喜んでもらえますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自称怖いもの知らずのロッキー。
怖いと噂されるさまざまなものを調査します。

目次