MENU

ドンキのバイトが怖い口コミ3選!陰キャにはきついの?辞めたい時の流れも紹介

今回はドン・キホーテのバイトについてご紹介します。

目次
スポンサーリンク

ドンキ(ドン・キホーテ)のバイトとは

いろんな商品を取り扱っており、尚且つ安くて珍しい品揃えで有名なドンキ。

では、ドンキのバイトはどんなことをするのか疑問に思いますよね。

仕事内容は、レジや品出しと言ったスーパーと同じ業務です。

店舗によって配送もありますが、バイトが担当することはないでしょう。

品出しは、商品の種類が多いので場所を覚えるのが大変です。

消耗品以外にも、食料品も置いていて賞味期限などのチェックも忘れてはいけません。

レジはスピードが大事で、商品の中には割れ物や大きいものがあり、取扱いも大事になります。

時給は、地方で900円以上、都心で1150円以上と平均的です。

土日や深夜帯の時間は、時給がアップしていることがほとんど。

研修中を除けば、しっかりと稼ぎやすいバイトといえるでしょう。

男女比は半分で、バイトが大半の割合で働いています。

スタッフは、制服が支給されますので服装に迷うことはありません。

髪色やネイル、身だしなみもそこまで厳しくないのが特徴です。

日用品を安く購入できる社割制度を設けています。

ドンキグループで使用できる2,000円分のギフト券ももらえるため、お得ですね。

スポンサーリンク

ドンキのバイトが「怖い」との声はなぜ?

ドンキのバイトが怖いという声をまとめました。

1.深夜も開店していて客層が悪いため

2.棚卸の数が多く肉体労働のため

3.覚える事が多いため

ドンキのバイトが怖いという声1:深夜も開店していて客層が悪いため

まず1つ目は、客層の悪さです。

口コミでも、お客さんの対応について書かれている事が多かったです。

理不尽なクレームをつけられたり、商品を落としてもそのままにされていたり、違う場所に商品を置かれたりなどがあります。

若者がグループで入店してワイワイ騒ぐことがあったり、子供がうろうろ歩き回ることもしばしば。

また、夜遅くまで開店しているため酔っ払いのお客さんも来店します。

接客対応に慣れていないと、精神的にしんどいかもしれませんね。

こういう時は、社員や上司に取り次ぎ、あまりにもひどい場合は警察の出番になります。

スポンサーリンク

ドンキのバイトが怖いという声2:棚卸の数が多く肉体労働のため

2つ目は、肉体労働ということです。

座っている時間はなく、立ち仕事というよりは動き回っていることが多いです。

荷物の大きさも大小あって、重さもさまざま。

足腰だけでなく、腕や肩も疲れがたまります。

店内だけでなくバックヤードの仕事や、お客さんが購入した商品を車まで運んであげたり、体力的にしんどいという声がありました。

店舗によっては、365日24時間開店しているため、人員不足となればバイトも遅くまで働かざるを得ません。

何より、棚卸の量は種類が多くとにかく大変という声がありました。

体力勝負なので、自身がない人には向いていないかもしれませんね。

ドンキのバイトが怖いという声3:覚える事が多いため

最後に覚える事が多いという事です。

どこのバイト先でも覚える事は多いので、始めは辛い思いをするかもしれませんね。

レジ業務など、お客として見ている時はスキャンするだけで簡単そうですよね。

しかし、ポイントカードや商品券の有無、レジとセルフレジの操作方法、シールが必要なものは貼る、全て容量よくこなさなければレジに列が出来てしまいます。

商品についているバーコードの場所が分からず、焦るとミスにも繋がるので慣れるまで大変です。

お客さんに質問された場合、スムーズに受け答えできるように商品の場所の把握や特徴も頭に入れておくといいでしょう。

インカムで担当に聞くこともできますが、みんな忙しい場合、返事がない事もあります。

覚えられることは頭に入れておくとスムーズですね。

品出し担当も、レジ以上に場所の把握と在庫の場所も覚える必要があります。

店舗限定・季節限定・地域限定など種類も様々で、入れ替わりが多いのが特徴です。

大きい店舗ならば、それぞれ事業部がありますので、完璧に覚えるということはありません。

ただ、少しずつ覚えておくことで仕事がスムーズになって、ストレスも軽減できますよ。

ドンキの店内は、通路などあまり広くないため狭い棚から探し見つけるのは大変ですね。

スポンサーリンク

ドンキのバイトを辞めたい時はどうすればいい?

ドンキのバイトを辞めたい場合、早めに店長やオーナーに伝えましょう。

シフトは自己申告制で、月2回に分けて提出している店舗、2週間ごとの店舗など、店舗によって異なります。

シフトが出来てから辞めるのはマナー違反。

遅くても1カ月前には、辞めたい意思を伝えておくとスムーズです。

お店側も代わりを見つけなくてはいけませんので、間近に伝えるのは避けましょう。

「他にやりたい事ができた」「自分に向いていなかった」など、理由もしっかり伝えるとベストです。

卒業や就職のタイミングなら辞めやすいですね。

ドンキは年中忙しいため繁忙期はないですが、人手が不足しているタイミングだと、すぐに辞められない可能性があります。

ズルズル先伸ばしにならないように、理由を述べて「いつ辞めるか」を店舗側とはっきり決めておきましょう。

始めは、覚える事が多く大変ですが、覚えてしまえば働きやすい環境です。

しっかり考えて、それでも辞めたい場合は次へ進んでください。

スポンサーリンク

ドンキのバイトの良い口コミ

ドンキのバイトの良い口コミをまとめました。

・職場の雰囲気がよかった

・シフトの融通が利くので、学業と両立出来た

・言葉遣いや受け答えの研修が定期的にあって、上達できた

職場同士の仲が良く、お互い気を遣って素敵な職場だったという声がありました。

社員同士が仲いいと、バイトにも変わらない態度で接してくれて優しかったそうです。

教育や研修の人も優しく丁寧でしたが、バイトリーダーやパートの人と合わなかったという声もあります。

人間関係は、合う合わないがあるので仕方がないですが、客層が悪いわりに職場同士の仲がよさそうですね。

シフトの融通が利くという声も多かったです。

専門学校に通っていた人は、実習期間の1カ月バイトをお休みできたという声がありました。

学校行事やテスト、プライべートなど、社員と相談してシフトの移動もできたそうです。

2週間ごとのシフトなので自分の予定も組みやすく、学生にとって働きやすい環境と言えます。

接客業のため、お客さんとのコミュニケーションが大事です。

言葉遣いや受け答えについて、定期的に研修があってしっかり学べたという声がありました。

「トラブルが起きないため」「トラブルが起きた場合」の対応などできるようになったのは、大きな収穫ですね。

元々コミュニケーションが苦手な人でも、克服できる場でもあります。

ドンキのバイトで落ちてしまう人の特徴

ドンキのバイトで落ちてしまう人の特徴をまとめました。

ドンキは接客業がほとんどなので、愛想がいい人が有利です。

面接時は、発言ははっきりと笑顔を忘れず挑みましょう。

受け答えも上手にできれば、ほとんど落ちる事はないです。

「なぜドンキでバイトがしたいのか」「好きな商品は何か」など、基本的な質問に答えられるように準備しておきましょう。

面接なので、身だしなみを整えるのは基本。

髪色やネイルなど厳しい規定はないものの、派手過ぎたり髭が生えていると「清潔感がない」と判断され落とされてしまいます。

最後に、お店が募集している時間帯に勤務できるかがポイントです。

穴埋め要因でバイトを雇うわけなので、欲しい時間帯に勤務でなければ落とされます。

長期的に働ける人が有利ですので、「卒業まで」「○○まで」など面接の時に辞める期日の発言は控えましょう。

ドンキのバイトはどんな人に向いている?

ドンキのバイトは、接客が好きで流行りに敏感な人に向いています。

品出しだけでなく、レジのヘルプに行くこともありますし、お客さんと話すことも大事です。

オールマイティに働きたい人はやりがいがあるでしょう。

夜遅い時間まで働けるので、がっつり稼ぎたい人にはおすすめのバイトです。

力仕事ですが、力も自然と身についてくるので、慣れてしまえば問題ありません。

雑貨や化粧品が好きで、何よりドンキが好きな人には働きやすいと言えます。

職場の環境もいいため、楽しく仕事ができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自称怖いもの知らずのロッキー。
怖いと噂されるさまざまなものを調査します。

目次