MENU

きゅうくらりんが怖い?鬱エンドやサヨリ/ドキドキ文芸部が元ネタである噂も

楽曲「きゅうくらりん」ですが怖いとの噂があるようです。

今回はそんな噂や評判について調査しました。

目次
スポンサーリンク

「きゅうくらりん」の元ネタはドキドキ文芸部なの?パクリ?

https://twitter.com/beequeen_38/status/1719269249813017071

『きゅうくらりん』は、いよわ氏による可不オリジナル曲で、そのキャリアの中でも特に注目を集める作品です。

この曲は可不オリジナル曲としては珍しく、リリース後に殿堂入りを果たし、2022年2月10日には自身初のミリオン再生を達成しました。

さらに、2022年6月19日にはYouTubeでの再生回数が1000万を超えるなど、ボーカロイドオリジナル曲としては非常に高い人気を誇ります。

この曲の背後には、ドキドキ文芸部(Doki Doki Literature Club!)というゲームに登場するサヨリという少女の視点を歌っているのではないかという説があります。

ドキドキ文芸部はその独特なストーリーテリングとサイコロジカルな要素で知られており、『きゅうくらりん』がそのゲームの影響を受けている可能性はファンの間で広く議論されています。

しかし、この点については明確な証拠はなく、あくまで一説に過ぎません。

『きゅうくらりん』の成功は、そのキャッチーなメロディーと深いリリックス、そして可不の表現力の高さによるもので、ボーカロイド音楽のジャンルにおいて重要な足跡を残しています。

きゅうくらりんとサヨリの関係性


「きゅうくらりん」と「サヨリ」の結びつきは、作品の深層を探る鍵となります。サヨリというキャラクターは、ドキドキ文芸部の中で、複雑な心理状態を抱えたヒロインとして描かれています。

彼女の物語は、幸せそうに見える表面の下に隠された悲しみや孤独を暗示しており、これが「きゅうくらりん」の楽曲における恐怖の根源の一つとなっています。

サヨリのキャラクターは、明るく前向きな外見とは裏腹に、深い内面の闇を抱えていることで知られています。このギャップが、聴く者に強烈な印象を与え、不安や恐れを引き起こすのです。

彼女の行動やセリフは、しばしば予期せぬ方向へと物語を導き、聴く者を物語の世界に深く引き込みます。

サヨリとの関係性を理解することは、きゅうくらりんの楽曲が持つメッセージ性を深く掘り下げることに他なりません。

このような背景を踏まえると、「きゅうくらりん」の楽曲がなぜ多くの人々に恐怖を感じさせるのかが理解できますね。

サヨリのキャラクターが持つ心理的な複雑さは、聴く者の感情に直接訴えかけ、楽曲に対する深い共感や恐れを生み出します。

それは、ただ単に物語の表面をなぞるのではなく、人間の心理の奥深くにある感情を揺さぶるからでしょう。

サヨリというキャラクターを通じて、「きゅうくらりん」はただの楽曲を超えた、聴く者の心に深く刻まれる作品となっているのです。

スポンサーリンク

きゅうくらりんが怖い?気持ち悪い声はなぜ

死にまつわる真実
不協和音が気持ち悪い?
鬱エンド?

スポンサーリンク

死にまつわる真実

『きゅうくらりん』の歌詞には、直接的な「死」の描写はありませんが、歌詞全体を通じて、喪失感や絶望、内面の葛藤といった死に関連する感情が強く表現されています。

例えば、「化石になっちまうよ」「呪いになっちまうよ」「終わりなんだ」といったフレーズは、比喩的に人生の終焉や精神的な死を暗示していると解釈できます。

また、「空っぽが埋まらないこと」「底なしの孤独」「うめき声しか出ない」といった表現は、生きることの苦悩や、存在の虚無感を感じさせます。

これらは、死を直接的に描写するのではなく、生きることの辛さや、心の中の死にゆく部分を歌っているとも取れます。

「枯れ落ちたつぼみが汚らわしくていじらしい」という部分は、美しくあるべきものが枯れてしまう様子を通じて、人生の儚さや失われゆく美を表現しています。これは、生命の終わりや、時間の流れによる変化と喪失を象徴しているとも言えるでしょう。

このように、『きゅうくらりん』の歌詞は、死そのものを描くのではなく、生きることの中に潜む死の影を巧みに表現しているのです。それは、聴く人の心に深い共感を呼び起こし、人生の複雑さや矛盾を感じさせる力を持っています。

不協和音が気持ち悪い?

『きゅうくらりん』が引き起こす「気持ち悪い」という感覚は、作品が持つ独特のサイコロジカルな要素に起因しています。

この楽曲の歌詞やメロディーは、聴く者の心理に深く入り込み、不安定な感情や混乱を誘発するよう設計されているのです。

たとえば、歌詞の中に現れる矛盾した感情や、予期せぬ展開は、聴く者の期待を裏切り、心地悪さを感じさせますね。

特に、キャラクターの表情や行動が突然変わる瞬間は、聴く者の不安を煽る効果があります。

これは、人間の心理が予測可能なパターンを好むという心理学の原理に基づいており、その原理から逸脱することで強い違和感を引き起こすのです。

さらに、楽曲が展開する世界観の中で、キャラクターが見せる非現実的な反応や極端な感情の表出は、リスナーにとって心理的な不協和音を生み出し、それが「気持ち悪い」という感情に直結しているのではないでしょうか。

また、楽曲のリズムやメロディーにおける突然の変化や、予測不能な音の挿入は、聴く者の感覚に直接訴えかけ、不快感を引き起こす可能性があります。

これは、音楽のリズムが人間の生理的なリズムと密接に関連しているためで、その乱れが心理的な不安定さを引き起こす原因となることがありますよね。

このように、『きゅうくらりん』が生み出す「気持ち悪い」という感覚は、単なる音楽的な特徴を超え、聴く者の心理に深く作用することで、その感情を引き出していると言えるでしょう。

それは、音楽が持つ力を再認識させると同時に、作品の深い心理的な影響力を示しています。

鬱エンド?

きゅうくらりんが辿り着く「鬱エンド」という結末は、作品の感情的な重さを増す要素として機能しています。

この結末は、登場人物の内面的な葛藤や苦悩をリアルに描き出し、読者に深い感情移入を促します。

物語の中で繰り広げられる心理的なダイナミクスは、読者自身の経験や感情と重なり合い、共感や感情的な反応を引き出すのですね。

しかし、この「鬱エンド」が持つ重厚なテーマ性は、読者にとって二重の剣となり得ます。

一方で、物語の深みと複雑さを増す一因となり、もう一方で、読者の心理状態に影響を及ぼす可能性があるからです。

特に精神的な苦痛や悲哀を描くことで、読者の心に暗い影を落とすことも考えられます。

ですから、このような物語には、読者が自身の精神状態を考慮しながら接することが求められるでしょう。

それにもかかわらず、「鬱エンド」は作品にとって不可欠な要素であり、物語の真実味を高めると同時に、読者に強烈な印象を与えることが多いです。

この結末は、物語のテーマやメッセージを際立たせ、読者に深い思索を促すことがあります。

ただし、このようなエンドがすべての読者にとって快適なものではないことは明らかです。

深い感情的な影響を受けやすい読者にとっては、精神的な負担となることもあるため、注意深く物語に接する必要がありますよね。

それでも、この結末が読者に与える感動や洞察は、物語の価値を高め、長く記憶に残るものとなることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自称怖いもの知らずのロッキー。
怖いと噂されるさまざまなものを調査します。

コメント

コメントする

目次